ゆる〜い日記

ミャンマー・フルムーンデイ。

2023年10月29日(日)、夜の吉塚御堂へ。

ミャンマーは今日、フルムーンデイ。福岡県内外からミャンマー人が集まっていました。

ミャンマーでは毎年満月からの3日間が「Full Moon Day」(火祭り)という仏教行事の祭日。
長かった梅雨の終わり(ミャンマーの梅雨明けは10月)、満月の日から三日間が連休とのこと。

陽が落ちる頃、ミャンマー人が続々と集合し、吉塚のお釈迦様の前に火を灯していました。

ミャンマーでは、お釈迦様が一年に一度この三日間に、浄土からこの世に帰ってこられる日だそうで、天からお釈迦様をお迎えするため、その足元を照らすという意味で、寺院にろうそくを灯してお祝いするのだそうです。

日本のお盆に近い感覚。

この時期、子供達や若者は、日頃お世話になっている目上の方や先生、親戚等にお礼としてプレゼントを差し上げ、一緒にお釈迦様にお参りをする習慣があるそう。

また、子どもたちが親や先生にお参りすると、お小遣いをもらえる習慣もあるのだそうです。

昨日は、ミャンマー人に限らず、日本の方もベトナム仏教徒の女の子達も、一緒にお参りしていました。
…とっても素敵な光景。

ミャンマーのお釈迦さまをお座りになるこの吉塚御堂は、助け合いや分かち合い、悲しみもよろこびもみんなで分かち合う場所。

共生と共修を育む場所として、皆さんの心の支えとなる場になりつつあるようです。

関連記事一覧